注目!アウトドア関連銘柄  本命4選!

注目!アウトドア関連銘柄  本命4選!サムネイル関連銘柄特集

近年キャンプブームもありアウトドア関連に注目が集まっています。コロナ禍で自粛モードが続いてましたがそれでもアウトドアアイテムなどに人気が集まっています。今回はアウトドア関連銘柄の本命をいくつかご紹介します!

アウトドア関連銘柄  本命4選!

今回は独断と偏見で国内のアウトドア関連銘柄をいくつかピックアップしています。

株式会社スノーピーク(7816)

スノーピーク社はアウトドアの総合メーカーです。キャンプアイテムなどを中心に企画・製造・販売を行っています。キャンプアイテムは他のブランドに比べると高価ですが、その分高性能で人気です。キャンプアイテムだけではなく、キャンピング場やレストランの運営も行っています。また最近はアパレル分野にも進出しています。スノーピーク社初の“温浴施設”中心の複合リゾート「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ」新潟に開業を進めています。

<株価>

注目!アウトドア関連銘柄  本命4選! 画像1

※2021年7月時点

株式会社ワークマン(7564)

ワークマン社は現場作業や工場作業の作業服やアイテムを販売している企業です。最近はその作業服などが私服でも高性能のため来ている方も増えていることから、一般人のアパレルとしての認知も広がっています。また女性をターゲットとした #ワークマン女子もオープンをして新しい顧客獲得に向けて動いています。またその洋服がランニング・山登り・キャンプなどにも利用できることからアウトドア分野としても認知度が上がってきています。

<株価>

注目!アウトドア関連銘柄  本命4選! 画像2

※2021年7月時点

株式会社ゴールドウィン(8111)

ゴールドウィン社は、「GOLDWIN」の他、ライセンスとして「エレッセ」、「ザ・ノース・フェイス」、「カンタベリー・オブ・ニュージーランド」「ヘリーハンセン」等の有力アウトドアブランドのスポーツウェア、スポーツ用品を販売する企業です。ものづくりへのこだわりが強く、自社でも研究開発施設を設けて商品開発に積極的に投資をしています。女性顧客獲得に向けてアパレルも広げています。

<株価>

注目!アウトドア関連銘柄  本命4選! 画像3

※2021年7月時点

東武鉄道株式会社(9001)

東武鉄道社、国内大手鉄道の1つで浅草、池袋を起点に北関東を地盤として路線網 「TOBU」を運営しています。それだけではなくレジャー施設の運営、東京スカイツリー、住宅など様々な分野を子会社を通して展開をしています。アウトドアに関しては日光や鬼怒川を柱に沿線の観光需要拡大の取り組みを行っています。他夏休みや山登り関係となると人の動きが多くなると予測され関連として注目されます。

<株価>

注目!アウトドア関連銘柄  本命4選! 画像4

※2021年7月時点

アウトドア市場の成長性について

アウトドア市場は成長をつづけています。2019年時点ではアウトドア市場は、販売金額ベースで5,169億4,000万円とされています。2020年以降は新型コロナウィルスの影響もありつつも 、屋内の密を避けて、広々とした屋外で楽しめるレジャーとして考えられ 2020年のアウトドア用品の市場規模を前年比4%増の2748億円と算出し、ゴルフ用品市場を初めて逆転する見通しのようです。キャンプ用品・ライフスタイル向けのアパレル・シューズが人気を集めているようです。さらにアフターコロナでも需要拡大する可能性はあります。

まとめ

続いているキャンプブームなどアウトドア分野。国内だけではなく海外でも人気が続いています。家族同士でのキャンプやSNSを通した映えを狙ったグランピングやアウトドアアイテムだけど日常的にも使えるアイテムやウェアなど昔に比べると大きく変わってきています。この新業態でさらに成長すること間違いないでしょう。

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました