個人投資家の元手はどのくらいあればいいか?

個人投資家の元手はどのくらいあればいいか? サムネイル株ゼロコラム

最近株式投資を始めようと証券口座を開設する方が増えてきています。
1円でも投資をしていれば個人投資家となります。個人投資家の定義は曖昧で正確なものはありません。
ただ株式投資をしていくうえで元手(軍資金)がどのくらいあればいいのかわからないと思います。そこで今回は株式投資をする上での元手について解説していきます。

スポンサーリンク

500円から株式投資はできる。

実は株式投資はそこまで元手は必要なく、極端な話500円からでも銘柄を保有することができます。
ひと昔前は数十万、数百万なければ株式投資は厳しいと言われてきました。通常株式を購入する場合は2018年10月から単元株数は100株に統一され、株価2,000円の場合は2,000円×100株=200,000円必要でしたが、
最近はミニ株やワンコイン投資、ポイント投資なども増え1株から購入できるようになり一気に投資のハードルが下がりました。スマホ証券と呼ばれるLINE証券も1株単位で購入することができます。その為株式投資を始めるための元手はそこまで必要なくなりました。

10万円以下で購入できる株は1,000社以上?!

10万円あれば日本の上場企業の約1,000社以内から購入する企業を選ぶことができます。
例えば、セブン銀行、双日など認知度が高い企業も購入できます。株価が低いから危ないのでは…?
と思う方もいるかと思いますが、中には個人投資家に幅広く購入してほしい為に企業が株式分割を行い株価が低くなっている状態もあります。そのような企業を選択するといいと思います。
株式投資初心者の場合は、いきなり100万円の元手で銘柄を保有するよりも10万円の支出は生活に影響を与えない金額であり、企業の選択肢も広げられるほうがいいでしょう。

株式投資の元手、投資額は個人の資産や取引によって違いがあるので、いくらから始めるべきとは一概には言えないでしょう。長期的に株式投資を行うのであれば、毎月の収入から定期的に投資をするというルールを設けるほうが資産運用としてもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました