注目!全固体電池関連銘柄 本命4選!

注目!全固体電池関連銘柄 本命4選 サムネイル関連銘柄特集

今注目されている分野に「全固体電池」というものがあります。全固体電池とは次世代電池とも呼ばれ将来期待されています。活躍の幅が広く、電気自動車(EV)・Iot・スマートフォンなど様々です。今回はそんな全固体電池関連銘柄の本命を4つご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

全固体電池市場の成長性

全固体電池市場は2020年時点では34億円という規模でしたが、2035年には2兆1014億円まで伸びると予想されています。全固体電池は電気自動車(EV)やエネルギー貯蔵システム、IoT関連に利用されるので需要の拡大が考えられます。25年に自動車メーカーが全固体電池を搭載したクルマの販売は始めるようです。そこで一気に市場が広がると考えられます。

全固体電池は現在多く利用されているリチウムイオン二次電池と比べると持続可能時間が大幅に伸び、安全性の向上が期待されています。

もちろん国内だけではなく海外での市場も大きく伸びます。むしろ電気自動車(EV)は海外の方が進んでいます。全固体電池市場で海外メーカーも投資し、大きく成長していくでしょう。

全固体電池関連銘柄 本命4選!

独断と偏見ですが、全固体電池関連銘柄を4つご紹介していきたいと思います。

TDK株式会社(6762)

TDK社は、世界でも有名な電子部品メーカーです。主に磁性技術に強みを持っていて積層セラミックチップコンデンサというパソコンや携帯電話に必要とされている部品をつくっています。TDKは超小型の全固体電池を製造し量産体制に入っています。TDKが今まで培った技術で開発を進めています。

<株価>

注目!全固体電池関連銘柄 本命4選!画像1

※2021年2月時点

TDK社の株価は、コロナ前までに上昇していましたがコロナ禍で大きく下落しました。そこからさらに回復し今では大きく上昇しています。2倍以上の上昇をしています。

三井金属鉱業株式会社(5706)

三井金属鉱業社は、 三井グループの1つで金属製錬・電子材料製造・自動車部品製造を主な事業とする企業です。 研究開発の取組みとして、全固体電池用の固体. 電解質の開発を積極的に行っています。 固体電解質の量産試験用設備も用意しています。 マクセル株式会社と協業し材料を提供することでコイン形全固体電池の開発を進めています。

<株価>

注目!全固体電池関連銘柄 本命4選!画像2

※2021年2月時点

三井金属鉱業社の株価はコロナ禍から大きく上昇しています。約3倍以上に伸び4,000円付近となっています。

株式会社オハラ(5210)

オハラ社は光学ガラスを製造販売している光学ガラス専業メーカーです。光学ガラスメーカーとしてはシェア率高く世界でも代表的なメーカーです。オハラ社は リチウムイオン電池向けにガラスセラミック素材を利用した添加剤を開発した実績があることから全固体電池関連でも注目を浴びています。同じく車載向け全固体電池の固体電解質材料に採用されるとの期待をされています。

<株価>

注目!全固体電池関連銘柄 本命4選!画像3

※2021年2月時点

オハラ社の株価は徐々に右肩上がりに上昇してます。電気自動車(EV)販売の流れが加速すると全固体電池関連銘柄にも期待がかかり、オハラ社の株価も共に上昇しています。

株式会社村田製作所(6981)

村田製作所は大手部品メーカーです。世界トップのセラミックコンデンサーを製造販売しています。全固体電池の開発を進めていて2021年3月から量産する計画となっています。 19年にソニーの電池事業を買収しています。材料技術・セラミック技術・生産技術によって独自の全固体電池を開発しています。他社開発品より100倍ほど高容量があると言われています。

<株価>

注目!全固体電池関連銘柄 本命4選!画像4

※2021年2月時点

村田製作所の株価は大きく上昇しています。今では10,000円を前後する推移となっています。全固体電池の量産体制部分と自動車部品の販売が大きく伸び投資家から期待されています。

以上簡単でしたが、全固体電池関連銘柄をご紹介していきました。

まとめ

今後大きく普及すると予想されている全固体電池。電気自動車(EV)の販売が大きく需要として拡大していくのでその部品である全固体電池市場も大きく伸びていることは間違いないでしょう。日本国内だけではなく海外でも全固体電池関連銘柄はまだまだ多くあるでしょう。今後も目が離せない市場です。

月5万円で資産1億円にする黄金ルールとは?

全固体関連銘柄に投資をして資産を大きく伸ばせる可能性もありますが、他にも資産を増やす黄金ルールがあるようです。実際に月5万円で資産1億円にした富裕層の事例を17年間、お金の研究を続けたあのファイナンシャルアカデミーが新設した講座で受けることができます。 無料でWEB受講することができます。目的意識の高い受講生から、非常に人気があるようです。良かったらぜひ以下からどうぞ!

月5万円で資産1億円作る「ゴイチ」セミナー

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました