証券口座開設の仕方について

証券口座開設の仕方について サムネイル基礎知識

株取引を行うには、証券口座が最低限必要となります。証券口座を開設するのはとても簡単です。今回いくつか証券会社の紹介と簡単な口座開設方法について解説をしていきます。

スポンサーリンク

口座開設の仕方

ではさっそくですが、簡単に証券口座の開設の仕方について解説をします。

1.証券会社のWebサイトにいく。

まず口座開設したい証券会社のWebサイトにいきましょう。

2.「はじめての方」or「口座開設」のボタンクリック

Webサイトに訪れた後は、「はじめての方」or「口座開設」などと記載されているボタンをクリックして各入力フォームに飛びます。

3.フォームに必要事項を入力

そのあとはフォームに必要事項を入れていきます。ここで「一般口座」「特定口座(源泉徴収なし)」「特定口座(源泉徴収なし)」の選択もしていきます。

4.必要書類郵送orアップロード

最後に口座開設に必要な書類を郵送するかその場でアップロードする必要があります。必要な書類はマイナンバー等の身分証明書です。ちなみにアップロードする方が口座開設は早くできます。郵送の場合は、証券会社から書類は届くので、それに返送する形となります。

と以上が簡単な口座開設の方法です。郵送のパターンも考慮して1週間もあれば口座開設は可能です。

人気がある証券会社について

現在では特にインターネット証券会社に人気があります。その理由は手数料も低く、どこにいても売買が可能になるからです。また企業分析などのツールも豊富です。有名どころをいくつかご紹介でします。

SBI証券

SBI証券はインターネット証券の王道といってもいいでしょう。ネット証券NO.1の口座数をもっています。ランキングで顧客満足度でもNo.1になるなど、人気のある証券口座です。また独自のリアルタイム・トレーディングツール「HYPER SBI」というサービスを提供しており、株の注文は勿論、会社の情報まで調べることができます。

マネックス証券

マネックス証券は国内株だけではなく、海外投資商品の種類(特に米国株の取り扱いが豊富)が多いのが特徴といえます。もちろん手数料も低く、IPO投資で平等に参加できる点も人気の理由の一つです。

楽天証券

楽天証券は、あのインターネット通販大手の楽天が運営するインターネット証券会社です。楽天商圏でもある楽天ポイントのキャンペーンを頻繁に行っている楽天証券です。手数料の低く魅力で投資家の中でも人気です。楽天証券も独自のトレーディングツール「MARKETSPEED」というものがあります。

松井証券

松井証券は手数料がダントツに低いのが特徴の1つです。10万円までなら株式売買手数料がなんと無料となってます。少額から投資を考えている方にはオススメな証券会社です。

実際にどこの証券会社を選べばいいのかわからなくなると思いますが、証券会社をもっていることにお金はかかりませんので、一度開設をしてみて試して自分にあった証券会社を見つけていくといいでしょう!

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました