初心者向け株取引専用用語集-2

初心者向け株取引専用用語集-2 サムネイル基礎知識

前回株取引における値段・価格などの用語をご紹介していきます。今回はデータに関連する株の用語集についていくつかご紹介致します。

株取引専用用語集-2

時価総額

ニュースなどで、「Amazonの時価総額が○○ドルに。」など時価総額は聞いたことがあると思います。時価総額というのは、企業の株価に発行株式数を掛けたものであり株価×発行株数となります。株価は変動しますから、時価総額も変動します。
自己が所有している株の評価額が変わる以外は、特別な損得などはありません。考えられる影響としては、時価総額が大きいと融資などでの資金調達が有利に行われていたり、
時価総額が多いことでM&A(企業の合併、買収など)される可能性が低くなります。時価総額はいっちゃえばその企業を買収できる金額ともいえるでしょう。
日本で一番時価総額が大きい企業はトヨタ自動車となってます。次のソフトバンクグループです。米国では、Apple・Microsoft・Amazon・Alphabetが上位を占めています。

発行済株式数

発行済株式数とは、会社が発行している株式の総数です。一般的な見方でも、
発行済株式数は財務指標を計算する際の重要事項です。発行済み株数が多いほど、一株あたりの持分は少なくなるため、発行済み株式数は、一株あたりの会社の価値を計算する際に大変重要となります。個々ではまだ説明をしていませんが、PER,EPS,PBR,BPSに関連してきます。

配当利回り(実績)

配当利回りとは、購入した株価に対し「1年間でどの程度の配当利益を受けることができるか」を表した数字とります。大きければ配当の金額を多くもらったといってもいいでしょう。配当利回りの計算方式は
配当利回り(%)=1株当たりの年間配当額÷1株購入価額×100 となっています。日本平均の配当利回りは、だいたい2%と呼ばれています。1%の企業もあれば、4%の企業もありバラバラです。

以上、 値段・価格などに関する必要最低限の専門用語でした。

あわせて読みたい

自分の投資を見える化しませんか?

株式トレードを自動で記録・分析するアプリ「カビュウ」が誕生!複数口座の資産管理が可能で過去取引履歴もデータとして残る為分析が可能。株式投資は売却したら終わりではなく、勝負強い投資家の方は保有株を管理し売却後に自分のトレードを振り返り分析している方が多いです!それが勝ち続ける投資家の秘訣です。投資管理ツールカビュウの詳細記事はこちら。
個人投資家の投資管理ツール「カビュウ」について

iPhoneの方ダウンロード

Androidの方ダウンロード

無料で財務分析ツールを導入しませんか?

財務分析をするには大変多くの手間がかかってしまいます。GMOクリック証券では、「株価分析」、「経営分析」、「財務諸表」、「シミュレータ」などの財務分析がカンタンに可能。しかも、口座開設していればすべて無料で使えるサービスなので、試してみる価値はあるでしょう。

GMOクリック証券

Betmob|投資家ブログまとめメディア


基礎知識
inoko@個人投資家をフォロー
株式投資をゼロから学ぶ「株ゼロ」。
タイトルとURLをコピーしました