企業分析-株式会社メドレー(4480)

企業分析-株式会社メドレー(4480)企業分析

今回は医療ヘルスケア領域でサービスを展開して、2019年12月に上場をした株式会社メドレーの企業分析をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

メドレー(4480)の事業全体像

メドレーは医療ヘルスケア領域において各種インターネットサービスを開発・提供している企業です。IT×医療という分野で注目されています。メドレーの事業としては大きく2つの柱があります。

・人材プラットフォーム事業
・医療プラットフォーム事業

です。

人材プラットフォーム事業

医療ヘルスケア領域における人材の不足や地域偏在という課題を解決する目的で
主に「ジョブメドレー」というサービス展開。所謂医療介護に特化した求人サイトですね。求職者側が自ら絞り込んだ条件のもと求人情報を閲覧し、興味のある求人事業所に直接応募した後に面接に向けたコミュニケーションを取ることができるよう設計されています。

ほぼ全ての医療介護職の求人を取り扱っていて、数は業界内でも1番の約2万9千件の求人を掲載しています。(※2020年4月現在)

ジョブメドレーは成果報酬型をとっていて一般の人材紹介会社よりも価格優位があります。また直近はスカウトメッセージ送信機能などに基づくダイレクトリクルーティングに力を入れています。医療業界ではより積極的な人材確保が求められている為、特に需要が高いようです。

よってジョブメドレーは安定した収益を確保できメドレーの主力事業となっています。

医療プラットフォーム事業

医療機関の業務効率の改善や患者の医療アクセスの向上等を実現することを目的とした
「CLINICS」及び「MEDLEY」を展開しています。

「CLINICS」は、スマホのテレビ電話で医師の診察が受けられて、今後その診察によって処方された医薬品が自宅へ郵送で届くようにするサービスです。
医療機関がオンライン診療を実施する際に必要な診察予約管理、ビデオチャット、会計及び薬の処方等の機能が可能なオンライン診療システムです。収益モデルは、医療機関からシステム利用料をもらう流れです。

さらには電子カルテ(CLINISCカルテ)の販売を開始し予約~受付~診察~会計業務まで医療機関と患者がスムーズにつながるクラウド診療支援システムに進化しています。
すべてスマホのみで完結できるようになっている点がポイントです。またすべてのデータがここでとれるようになるので、ビッグデータを今後どのように活用するのかもポイントです。※ただ法律的にどうなのかがありますが。

利用医療機関数も増加傾向にあります。遠隔診療に携わらない医療機関でも、オンライン予約とクラウドカルテ機能のみを導入しているという例も多いです。日本の全医療機関の約1.7%を占めていてまだ伸び率はあるといえます。

医療情報提供サービス「MEDLEY」をメディアとして提供しています。生活者に向けた適切な情報提供を展開しています。こちらのサイトでは、疾患情報・医薬品情報・疾患情報・病院検索をすることが可能でユーザービリティも非常に高くGoogleの検索エンジン対策もされていてとても良いメディアです。

さらに今後、美容・歯科業界等のようにターゲットを少し変えてサービスの展開を
検討しているようです。

タイトルとURLをコピーしました