企業分析-グリー株式会社(3632)

企業分析-グリー株式会社(3632) サムネイル企業分析

今回は2008年に新規上場しソーシャルゲーム界の国内上位にあたるグリー(GREE)株式会社の企業分析を簡単にしていきたいと思います。

グリー株式会社(3632)の事業全体像

グリー(GREE) 社は、スマホゲーム・ソーシャルゲームを開発販売している企業という印象が強いですが、事業は大きく5つの事業があります。

ゲーム事業

ゲーム事業では様々なタイトルのスマホゲーム・アプリを開発販売、運営をしています。基本的にはGREE Platform、App Store、Google Playで利用し遊べます。

※ゲームタイトル一部。

基本ゲームは無料でプレイすることができますが、有料課金がありユーザーはゲーム内で課金をすることがアイテムなどを強くできたり、使用制限を増やしたいなどすることができます。

年間に新作を2~3作をリリースしている状況です。

国内だけではなく、海外にもゲーム事業は広がっています。

中国や香港、北米や欧州まで幅広い国や地域でスマホゲームをリリースしています。 主力のゲームは『シノアリス』海外配信が好調のようです。

ライブエンターテイメント事業

ライブエンターテイメント事業では、 バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」の運営やバーチャルライブ制作のXRエンターテインメントのライブエンターテインメント事業を展開しています。

XRエンターテインメントとしては、 仮想空間内で行われる音楽ライブ、展示会、上映会などを実現するためのカスタマイズ可能なクラウドソリューションを提供しています。 VTuberで事業を起こしたいクライアント企業に支援も行っています。

ちなみにグリー社はこのライブエンターテイメント領域に100億円規模の投資計画を発表しました。今後のこの事業に力を入れていくようです。

広告事業

広告事業ではスマートフォンに特化したマーケティングのサポートを行っています。また広告の解析なども行いデジタルメディアを支援しています。

メディア事業

メディア事業では、おでかけメディアの「aumo」や 大人の女性向けに、ファッション情報やコーディネートの動画マガジン「MINE」などを運営しています。基本的な収益は広告やタイアップ記事、純広告などになってくるでしょう。

投資事業

投資事業ではグリー社のネットワークを生かして企業・事業への投資活動をしています。国内企業だけではなく、インドなど海外企業にも積極的に投資をしています。子会社に 「グリーベンチャーズ」があり、アーリーステージのスタートアップへ投資しています。

タイトルとURLをコピーしました