注目!MaaS(マース)関連銘柄 本命6選!

注目!MaaS(マース)関連銘柄 本命6選! サムネイル関連銘柄特集

人々の移動を変える次世代の移動サービスとして注目されているMaaS(マース)。英語では 「Mobility as a service」 となりその頭文字をとったものです。必要な時に必要な時だけ利用することを目的としたサービスをMaaS(マース)と呼びます。シェアリングやAI、IOTなどテクノロジーの進化によって生み出された新たな分野だと思います。そして今回はMaaS(マース)関連銘柄の本命6選をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

MaaS(マース)関連銘柄 本命6選!

今回は独断と偏見でMaaS(マース)関連銘柄を6つご紹介していきたいと思います。

株式会社パーク24(4666)

コインパーキング・レンタカー・カーシェアリングを運営する株式会社パーク24(4666)。24時間駐車OKなコインパーキング「Times」は有名で都内では簡単に見つけることができます。MaaSとして注目されているのはカーシェアリングのサービスです。15分からスマホアプリで予約しクルマを借りることができます。 またスマホさえあればクルマを空けることができ、レンタカーのように店舗に行く必要がありません。クルマの設置箇所(ステーション)数は国内ナンバーワンとなってます。

<株価>

注目!MaaS(マース)関連銘柄 本命6選! 画像1

※2021年2月時点

パーク24社の株価はコロナ禍で大きく下落しましたが、そこからやや持ち直している状態です。コロナ禍によりカーシェアリングの利用者が増加傾向にあるようで期待されています。

株式会社ディー・エヌ・エー(2432)

株式会社ディー・エヌ・エー(2432)は、スマホゲームやプロ野球横浜ベイスターズの運営などをしている会社です。現在MaaS(マース)分野に注力をしていて日本交通と協業して 次世代配車アプリ「MOV」事業を展開しています。 これにより約10万台の車両を配車できる「国内最大のモビリティサービス」が誕生しました。 DeNAは AI(人工知能)やインターネット関連の技術/サービス開発力があることが強みではあります。

<株価>

注目!MaaS(マース)関連銘柄 本命6選! 画像2

※2021年2月時点

ディー・エヌ・エー社の株価はコロナ禍前よりもやや上昇している状態でMaaS以外のところでゲームが好調で株価に反映されているようです。

PKSHA Technology(3993)

PKSHA Technology(3993)は、日本で数少ないAI専門の会社です。AIのアルゴリズムを研究開発してサービスを提供しています。 PKSHA Technology社は、 トヨタとソフトバンクの共同出資会社MONET Technologiesが設立した企業連合「MONETコンソーシアム」に加入しモビリティMaaS領域に事業を広げています。駐車場機器の製造販売や駐車場運営事業を行っているアイドラ社を買収しています。MaaS領域に力を入れています。

<株価>

注目!MaaS(マース)関連銘柄 本命6選!画像3

※2021年2月時点

PKSHA Technology社の株価は下落トレンドから上昇トレンドに変わったようで上昇気味。理論株価も高くMaaS事業以外にも国内数少ないAI企業として期待されています。

Kudan(4425)

Kudan(4425)は、 「人工知覚=AP」と呼ばれる分野の研究開発、サービス提供を行っています。 機械・ロボットの目、視覚となる部分です。MaaS分野では日本ユニシス社と協業をしMaaS領域に参戦しています。 Kudan社の超高速/超高精度の人工知覚技術と日本ユニシス社の幅広い分野での豊富な業務知識・顧客基盤・事業開発力ともとに新市場開拓に進んでいます。

<株価>

注目!MaaS(マース)関連銘柄 本命6選!画像4

※2021年2月時点

Kudan社の株価は上場後やや下落トレンドです。事業内容も他社と比べてもわかりにくいというものがあるのであまり買いが入ってないようです。ただ今後必要となる分野での開発で期待できる企業です。



タイトルとURLをコピーしました