個人投資家が株式を売却するときの4つの理由

マネーコラム

基本的に購入した株式は、日々の値動きに狼狽して売ることなく、目標株価になるまで持ち続ける方べきですが、それでも売却するときは必ず来ます。売却するときはどのような時なのかを書き留めておきたいと思います。

銘柄選択を間違えた時

まずはこれです。例えば成長率が高く有望な企業だったとしても、粉飾決算や不祥事などが発生することは結構あります。

また、彼らのビジネスモデルが思っていたより堅牢でなかったり、大手が競合として進出してきたり、見込んでいた成長ストーリーが破綻したりと、想定が崩れるときはあります。そのような場合は、売却する場合があります。

どんなに事前の分析をしっかりやっていたとしても、会社や事業は生き物ですから予測不可能なときは出てきます。

例えば、クックパッドはフリーミアムモデルとして非常に優れたビジネスモデルを持つ企業でした。創業者は海外事業に注力するために、CEOを招聘したことがありました。当時のCEOは穐田氏であり、彼は既存ビジネスを軸に、生活やライフイベント事業に投資を行い、多角化を進めていました。

この事業展開は奏功し、企業価値は向上を続けていましたが、ある日創業者がこのCEOを追い出し、祖業の料理に注力していく意思決定が行われました。

クックパッド内紛に幕、株主総会で穐田前社長の退任決定
料理レシピ検索サイトのクックパッドは23日、都内で株主総会を開き、穐田誉輝前社長の退任を正式に決めた。穐田前社長は創業者の佐野陽光氏と経営方針を巡って対立してきたが、創業者に押し切られる形で1年以上続いた「お家騒動」に幕を下ろした。「騒動に関する責任説明はないのか」「株価低迷の原因をどう考えるのか」株主総会は2時間以上...

この良し悪しはどうなるかわかりませんが、少なくとも株価は暴落し2021年時点でも元に戻ってはいません。

このように、既存事業が順調であっても、経営陣のイザコザなどで企業はいきなり変わることはありえます。そうなったときにすぐにアクションできるように、企業のウォッチはしておくべきです。それを行うためには、ある程度保有企業数を絞っておくべきでしょう。

現金が必要になった時

こちらは、どちらかというとプライベートな理由ですね。家庭の関係でやむなく現金が必要になったりする可能性はあります。ただ、基本的に投資は余剰資金で行うべきであり、問題外な理由だったりします。

暴落したときに有望な銘柄を買えるような余裕を持った資金管理をするようにしましょう。

これは、一番ダメな売却理由です。あくまで生活に使わない資金で投資をするようにするべきです。

ここまでは、ネガティブな売却理由を2つ挙げました。残り2つはポジティブな売却理由を見ていきましょう。

自分の投資を見える化しませんか?

株式トレードを自動で記録・分析するアプリ「カビュウ」が誕生!複数口座の資産管理が可能で過去取引履歴もデータとして残る為分析が可能。株式投資は売却したら終わりではなく、勝負強い投資家の方は保有株を管理し売却後に自分のトレードを振り返り分析している方が多いです!それが勝ち続ける投資家の秘訣です。投資管理ツールカビュウの詳細記事はこちら。
個人投資家の投資管理ツール「カビュウ」について

iPhoneの方ダウンロード

Androidの方ダウンロード

無料で財務分析ツールを導入しませんか?

財務分析をするには大変多くの手間がかかってしまいます。GMOクリック証券では、「株価分析」、「経営分析」、「財務諸表」、「シミュレータ」などの財務分析がカンタンに可能。しかも、口座開設していればすべて無料で使えるサービスなので、試してみる価値はあるでしょう。

GMOクリック証券

Betmob|投資家ブログまとめメディア


マネーコラム
inoko@個人投資家をフォロー
株式投資をゼロから学ぶ「株ゼロ」。
タイトルとURLをコピーしました