企業分析-Chatwork株式会社(4448)

企業分析-Chatwork株式会社(4448) サムネイル企業分析

今回は、2004年11月に設立し2019年に東証マザーズに上場したChatwork株式会社について解説していきます。Chatwork株式会社はITで新しい働き方を目指しています。

スポンサーリンク

Chatwork株式会社(4448)の事業全体像

企業分析-Chatwork株式会社(4448) 画像1

Chatworkは、Chatwork事業とセキュリティ事業の2軸でサービスを展開しています。
主軸はChatwork事業であるクラウド型ビジネスチャットツール「Chatwork」です。セキュリティ事業はセキュリティ対策ソフトウェアの仕入販売を行ってます。

Chatwork事業

Chatwork事業には細かくサービスが分かれています。

Chatwork

企業分析-Chatwork株式会社(4448) 画像2

Chatworkはビジネスチャットツールとして、業務の効率化と会社の成長を目的として
メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールと言われています。
ZOOMのようなビデオ会議の使用も可能です。

ToDoリストなどプロジェクト管理にも利用できます。2020年8月時点で約277,000社が導入しています。

企業分析-Chatwork株式会社(4448) 画像3

使用者の約4人に1人は毎日「Chatwork」を利用していることになるようです。
社内だけではなく、社外でも1つのプロジェクトとしてグループを作りコミュニケーションも可能です。

広告表示や容量制限のない有料版が収益源となっています。
Chatworkはフリーミアムモデルで、基本簡易機能は無料となっています。
無料で利用可能ですが、その際広告の表示があり、その掲載枠をアドネットワーク業者に提供している。

企業分析-Chatwork株式会社(4448) 画像4

ビジネスの導入においては、ユーザーごとに利用用途が異なります。
小規模事業主から、法人まで用途に合わせた料金体制が設定されています。基本的には、ユーザー1人あたりの課金となってます。
企業が多いなかで最近は、Jリーグなどプロスポーツチームでの導入も増えてきていて、
業種も拡大しています。
ユーザーがデジタルリテラシーの有無に関係なく利用できるよう、シンプルに設計することを徹底している。「誰でも簡単に」利用できます。

企業分析-Chatwork株式会社(4448) 画像5

「Chatwork」のプラットフォームサービスは他にも以下展開をしています。

Chatwork アシスタント

「Chatwork アシスタント」は、チャットで手軽にバックオフィス業務全般を依頼することができます。本業に集中して生産性向上するためのオンラインアシスタントサービスです。

Chatwork 助成金診断

「Chatwork 助成金診断」は、助成金申請サポートサービスで簡単にチャットから助成金の選定から受給までを完結可能なサービスです。

Chatwork 電話代行

「Chatwork 電話代行」は、電話代行サービスです。
従業員がまだ少ない企業など、架電側のストレスになっている企業は解消することができます。

Chatwork 早期入金

「Chatwork 早期入金」は、ファクタリングサービスです。
ファクタリングは取引先に対して保有する売掛金を譲渡いただくことで、早期に資金化するサービスです。

セキュリティ事業

企業分析-Chatwork株式会社(4448) 画像6

セキュリティ事業はセキュリティ対策ソフトウェアの代理店販売をしています。
ESET社提供のセキュリティ対策ソフトウェア「ESET」の代理店販売をしています。
自社の販売サイトにおいて、Web広告やアフィリエイトプログラムを活用した集客を行い、ソフトウェアの販売を行っています。全社の安定的な収益に貢献しているようです。

タイトルとURLをコピーしました