個人投資家が法人化する目安はどのくらいか?

個人投資家が法人化する目安はどのくらいか? サムネイル株ゼロコラム

法人化する目安はどのくらいか?

では個人投資家が法人化する目安はどのくらいなのでしょうか?
色々調べてみると大体約800万円以上程度利益が年間ででていると法人化を検討しても良いとされています。
その基準は個人投資家だった際の税率と経費計上を考えるとそのぐらいだそうです。
逆に約800万以上、投資で稼いでいないと法人化するメリットはないようです。
ただ注意点としては、法人は他にもお金がかかってきます。毎年の決算の会計処理や所得税、住民税、税理士報酬など。完全にメリットしかないというわけではありません。

法人化すると証券口座も法人用の作成が必要になってきます。法人化することで 経費を使うことができますから、その分所得を圧縮して税金を抑えることが可能になります。損失繰り越しも個人の場合3年ですが法人の場合9年となります。そこも法人化するメリットになります。

今回は個人投資家が法人化する目安についてみていきました。ただ利益額が目安に届いたからと言ってすぐ法人化するよりも一旦税理士さんとかに相談して慎重に検討していきましょう。投資家であれば税制面も常に頭に入れていきたいところです。

月5万円で資産1億円にする方法?!

資産運用で資産1億円にすることは1つのゴールにする方が多いですが、なかなかその道は険しいです…。ただ 17年間、お金の研究を続けたファイナンシャルアカデミー新設した講座で実際に月5万円でコツコツと1億円の資産を築いた「富裕層」研究から抽出した黄金ルールと、 参加者各個人が自分のロードマップが描けるまでの知識を2.5時間で得られる講座があります。無料でWEB受講できるので、良かったら以下からどうぞ!

月5万円で資産1億円作る「ゴイチ」セミナー

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました