個人投資家はカモにされやすい?!

個人投資家はカモにされやすい?!サムネイル株ゼロコラム

「カモ」という言葉は決してポジティブな言葉ではありません。株式投資の世界では個人投資家はカモにされやすいと言われることが多々あります。ではなぜ個人投資家はカモにされやすいのでしょうか?今回は、なぜ個人投資家がカモにされるのかを考えていきます。

スポンサーリンク

機関投資家(ファンド)が個人投資家をカモにする?!

個人投資家をカモにするのは機関投資家(ファンド)と言われています。もちろんすべての機関投資家がそうではないです。一部の機関投資家がカモにしていると言われています。その理由は「レーティング操作」ができるからです。

レーティングとはプロの投資家(証券会社や運用会社のアナリスト)達が銘柄を分析調査をして投資判断をして発表をしています。いわゆる銘柄の格付けです。レーティングの発表の仕方は様々ですが、星の数だったり、強気・弱気や数字での表記だったりします。

そのレーティングを利用して個人投資家が格付けを見て、取引をすることを予想して機関投資家は取引の準備をしていたりします。これは古典的な手法でもあるようです。

個人投資家はどうしても情報が遅くなる。

個人投資家はどうしても情報鮮度がわるくなります。レーティングもその一つと言えます。レーティングが発表されたタイミングでは機関投資家にとってすでに知っている情報であり強気や買いの材料であればすでに購入していて、むしろ売るタイミングにかかっているでしょう。

あまり考えていない個人投資家であればこの場合、情報に飛びつき損してしまうでしょう。昔に比べるとインターネットが広まりスマートフォンの普及により情報鮮度が良いかもしれませんが、個人投資家はどのように行動しても機関投資家と比較して情報量や分析力に勝てません。個人投資家は本業があり兼業として株式投資をしている方がほとんどです。時間でも勝つことができません。では個人投資家がカモにされない為には、どのようにしていけばいいのでしょうか?

自分の投資を見える化しませんか?

株式トレードを自動で記録・分析するアプリが誕生!株式投資は売却したら終わりではなく、勝負強い投資家の方は株をエクセルなどで管理して売却後に自分のトレードを振り返り分析している方が多いです!それが勝ち続ける投資家の秘訣です。よかったら以下からどうぞ!


ios専用 株式トレードを自動で記録・分析アプリ【カビュウ】

Android専用 株式トレードを自動で記録・分析アプリ【カビュウ】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
株ゼロコラム
スポンサーリンク
inoko@個人投資家をフォロー
株式投資をゼロから学ぶ「株ゼロ」。
タイトルとURLをコピーしました