個人投資家はカモにされやすい?!〜個人投資家と機関投資家の情報格差について

個人投資家はカモにされやすい?!サムネイル株ゼロコラム

カモにされない為に!

ではどのようにしていけばいいのでしょうか?

基本的には長期投資を。

株式投資では短期投資・中期投資・長期投資とありますが、機関投資家などからカモにされてしまうのでは短期的に見ているからです。長期投資であればレーティング部分もそこまで気にすることもなく投資判断で迷うこともなくなるでしょう。

長期投資であれば毎月ドルコスト平均法でコツコツ投資をしていれば勝率が90%とも言われています。機関投資家は利益を確定しなければいけないので、早めに売買したりします。投資信託であれば報告業務もあるので一時的に売却をすることもしばしばあるようです。その為に個人投資家がカモにする可能性があります。ただそれも長期投資目的であればこちらもダメージを受ける可能性は低くなります。

情報弱者にならない。

株式投資だけではなく、投資関係の詐欺まがいのものだったり、銀行や証券会社からあまり理解していないまま投資信託を契約させられるのも情報弱者だからです。

情報弱者とは情報を知らないので情報に対して適した対応ができない人を言います。情報弱者でなければ自分自身で判断することができます。カモにならない為にも常に情報は最新のものを追ってきつつも勉強と経験を繰り返すことが大事だと思います。

以下の本は、個人投資家が10倍株(テンバガー)をつかむための考え方が書かれており、オススメの一冊です!著者は機関投資家の経験もあり、それを踏まえて個人投資家が如何に勝つかをこの本に詰め込んでいます!

    タイトルとURLをコピーしました