企業分析-株式会社カラダノート(4014)

企業分析-株式会社カラダノート(4014) サムネイル企業分析

今回は2020年10月に新規上場(東証マザーズ)したばかりで妊娠育児ママ層向けのアプリを中心にサービスを展開している株式会社カラダノート(4014)の企業分析を簡単にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

株式会社カラダノート(4014)の事業全体像

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像1

カラダノート社は【家族の健康を支え笑顔をふやす】というビジョンのもとライフステージに合わせた心身ともに健康にする事業を展開しています。家族生活周辺における「非効率」部分を効率化していくのがビジネスモデルとなっています。

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像2

事業としては「家族サポート事業」「DBマーケティング事業」「DX推進事業」の3つに分かれています。

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像3

収益の柱は「家族サポート事業」で行っているアプリです。ITやテクノロジーを利用し育児の記録・情報収集の効率化できるものを提供しています。

家族サポート事業

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像5

家族サポ―ト事業では、ライフステージに合わせたアプリ・メディアを中心に提供をしています。

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像6

「ママびより」では、妊娠から出産そして産後までを通して必要な情報を毎日発信しているメディアサイトです。主に収益は広告収入になるでしょう。通販サイトもあり内祝い・出産祝いのお返しとして選びやすい設計となっています。月間PV数は 1,800万PV以上 、ユーザー様の数は410万UUに達しているようです。

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像7

他にアプリを多数提供をしています。「陣痛きたかも」は陣痛間隔アプリとしては国内トップシェアです。他にもお金の情報まわりをまとめたアプリや体重管理アプリなどを提供しています。メディアやアプリを通してこれまで登録された80万世帯のデータを活用した広告配信が収益となっています。

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像7

アプリの利用人口は大きく伸びているようです。ユーザー獲得の幅を広げるためにシニア層へのアプリも開発。提供をしています。その代表的なものに「終活準備ノート」というものを提供しています。

DBマーケティング事業

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像8

DBマーケティング事業では子育てママ世代に特化したマーケティング&ソリューションサービスを展開しています。家族サービス事業で培った集客力を元に対企業にマーケティング部分で支援をするようなイメージです。実際のリアルイベントなどの開催もしています。他に「かぞくとキャリア」「がぞくのおうち」というライフステージがかわる転職・住まいの部分でのサービス提供を開始しています。

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像9

DX推進事業

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像10

DX推進事業では、今必要とされているDX(デジタルトランスフォーメーション)化を支援するサービスです。家族生活周辺の産業をDX化を目的としています。まだ始めたばかりです。まずは保険周りの部分から参入をしているようです。

企業分析-株式会社カラダノート(4014) 画像12

タイトルとURLをコピーしました