2021年の注目5大テーマ株

2021年の注目5大テーマ株 サムネイル株ゼロコラム

2020年も何だかんだ残りわずか…となってきました。2020年は何といっても新型コロナウィルスの年。世界中に混乱させ、株式市場も大きく下落しました。そして東京オリンピックも延期に。
ワクチン開発が進む中、2021年を迎えようとしています。2021年はどのような年になるのでしょうか?株式投資においてはどのような注目テーマがあるのでしょうか?
今回は2021年の注目テーマ株についてみていきたいと思います。株式投資の参考にしてみてください!

スポンサーリンク

2021年注目5大テーマ

今回は誠に勝手ですが以下5つをピックアップしました。どのテーマも今後注目されている分野ではあると思います。

■DX(デジタルトランスフォーメーション)

2021年の注目5大テーマ株 画像1

DXと言われても「?」の人も多いと思いますが、要はデジタル化をDXと呼びます。
例えば、ハンコや印刷などをすべて電子化してしまうというのも1つです。特にこの新型コロナウィルスを経験し、効率化を求められました。
また国からの助成金・給付金申請で自治体の非デジタル化が浮き彫りになりました。

そこで菅さんに変わったタイミングで「デジタル庁(仮称)」の創設を、検討すると発表をしています。
社会インフラのデジタル化は重要な課題として掲げられています。そこにも注力するとなるとさらにDX市場は盛り上がっていくでしょう。総裁選も2021年は控えているために政府の方針を把握しておく
必要はあると思います。たた2021年でも引き続き注目のテーマではないでしょうか。

■XR(AR・VR・MR)

2021年の注目5大テーマ株 画像2

AR・VRは常に注目されてきたテーマではあります。AR/VRヘッドセット販売は2021年には9940万台になると予測されています。
2025年の市場規模は1兆1952億円に拡大する見通しとされていて成長市場であります。
ARとVRを融合した「MR(複合現実)」も注目されています。特にBtoB分野での活躍が期待され、実際に運用もされています。例えば建築の設計図や医療現場での作業に徐々に活用されています。

最近では介護職の育成等にも利用されています。VRはゲーム分野というイメージが強かったですがより人々の日常に溶け込みつつあります。エンタメのコンサートやスポーツのイベントなどにも利用されはじめています。
総称してXRも2021年は引き続き注目される分野です。

■量子暗号関連株

2021年の注目5大テーマ株 画像3

量子暗号は世界市場規模は2023年に5億ドル、2027年頃には20億ドル規模へ拡大すると期待されている市場です。
2021年はその元年と言われる可能性はあるのではないでしょうか?他国のサイバー攻撃から防御する狙いで中国は利用を進めています。
新たな暗号技術は21年に米国が標準化する見込みでそれ次第では関連する銘柄には大きな動きがありそうです。一部にNTTの技術が使われているようです。

東芝は量子暗号通信を2020年度から米国で実用化していて日本企業として初めてとなる
理論的には絶対に解読されない量子暗号通信技術を開発できるようです。
内容的にちょっと難しい分野ですが知っていていいテーマだと思います。また同時にセキュリティ対策も重視されていくでしょう。

■自動ブレーキ関連

2021年の注目5大テーマ株 画像4

国土交通省の発表により、2021年から国産の新型乗用車を対象に自動ブレーキの義務化がスタートすることになってます。
今回対象となるのは普通自動車や軽自動車、3.5トン以下の貨物車両の新型車が対象となっています。トラックやバスなどは2014年から義務化されていました。

今やニュースで高齢者運転事故の報道が多くなってきています。社会問題です。
ただ2018年以降に発売された国内新車自動車の約8割が自動ブレーキはつけているようです。
ただ国際基準が発行されるようなのでその水準にあわせるようになるようです。
その為自動ブレーキ関連の銘柄に注目が浴びる可能性があります。

■モビリティ・MaaS(マース)

2021年の注目5大テーマ株 画像5

交通の改革が迫っています。新型コロナウィルスにより人の移動が制限された2020年でしたが2021年では人の移動制限が緩和されてより交通が意識される年ではないでしょうか?
MaaSとはITを活用して交通手段を効率化し目的地までに最適なルートや一括の決済で行えるものです。以前は車を所有することが普通でしたが、今は所有するよりも使いたいときに利用するという傾向があります。
また、経済産業省と国土交通省により「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」が設立されていてモビリティ・MaaSは国策テーマと呼べます。この中には自動運転やIOTなども含まれているので大きなテーマになります。東京オリンピックでも自動バスなどが活用されるのか話題となってます。ただ2021年だけのテーマではなく、これから注目され続けるテーマではあると思います。自動運転が本格的に普及し始める時までは注目されるテーマであると思います。

以上に簡単ですが現時点で2021年の注目テーマを見ていきました。
参考になれば幸いです。

今が旬の銘柄を10選ご紹介

2021年のテーマ株の中でも色々銘柄はあります。その中で選りすぐりの銘柄選択をするのは大変です。自分自身では限界…。時間がないなどあると思います。そんなときにはプロの力を借りるのも1つの方法です。株歴40年超の熟練投資家、藤ノ井俊樹氏が絞り込んだ推奨銘柄をお届けする『旬の厳選10銘柄』はとても人気です。

ただ推奨したのかではなく根拠ある説明もあるので自分自身の知識も増えます。 「年間利益は平均して300万円くらいです」「500万ほど負けていたのが取り返すことができました」などの口コミもあります。興味ある方は以下からぜひ!

株歴40年超のプロが今、買うべきと考える銘柄

あわせて読みたい

自分の投資を見える化しませんか?

株式トレードを自動で記録・分析するアプリ「カビュ」が誕生!複数口座の資産管理が可能で過去取引履歴もデータとして残る為分析が可能。株式投資は売却したら終わりではなく、勝負強い投資家の方は保有株を管理し売却後に自分のトレードを振り返り分析している方が多いです!それが勝ち続ける投資家の秘訣です。投資管理ツールカビュウの詳細記事はこちら。
個人投資家の投資管理ツール「カビュウ」について

iPhoneの方ダウンロード

Androidの方ダウンロード

スポンサーリンク

Betmob|投資家ブログまとめメディア


株ゼロコラム
inoko@個人投資家をフォロー
株式投資をゼロから学ぶ「株ゼロ」。
タイトルとURLをコピーしました