企業分析-ENECHANGE株式会社(4169)

企業分析

今回は、電力・ガスの比較サイトを運営しているエネチェンジ社の企業分析をしていきます。

企業概要

エネチェンジ社は2015年に創業し、エネルギーに関する事業を展開する会社です。代表取締役は創業者の城口洋平氏であり、現在も22.8%の筆頭株主でもあります。

創業のきっかけは、2011年の東日本大震災と福島第一原発事故とのことで、そこから電力事業に関心を持ち、イギリスのケンブリッジ大を経て起業をしています。

同社の業界的なポジショニングは、エネルギーテック分野のカテゴリーリーダーとしています。昨今の電力業界は、脱炭素化・デジタル化・分散化・自由化と変革の波が押し寄せています。

その中で、同社は発電所や送電線などの設備を持たず、あくまでデジタルやテクノロジーを活用した事業を行う点が特徴的です。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4169/ir_material5/168985/00.pdf

事業概要

エネチェンジ社の事業は大きく2つの事業に分けられます。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4169/ir_material5/168985/00.pdf

プラットフォーム事業

プラットフォーム事業において最も有名なサービスは、同社の社名と同じである「エネチェンジ」でしょう。2016年の電力自由化によって、家庭用の電力も自由に電力会社を選べるようになりました。

一方で、様々な電力会社がありどこの会社がいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。同社はその中で、電力会社を比較できるサイトを展開し、今では日本最大級の比較サイトにまで成長しています。

ビジネスモデルとしては、同社のプラットフォームから契約が成立した場合、その電力契約の料金の数%分をエネチェンジが電力会社から手数料として収受するモデルとなっています。

一般的に比較サイトは、購入契約が発生した時点のみのショット収入が多いですが、エネチェンジの場合は契約成立後も継続して事業収入が得られるストック型のビジネスモデルとなっている点が特徴的です。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4169/ir_material5/168985/00.pdf

データ事業

もう一つはデータ事業です。その中でもエネルギーマーケティングSaaS(EMAP)とスマートメーターデータマーケティングSaaS(SMAP)の2種類に分類できます。

EMAPでいうと具体的には、電力会社・ガス会社向けのDXサービスの開発が挙げられます。例えば東京電力や東京ガスなどに、契約の切り替えシステムなどをクラウドで提供しています。

クラウドで提供することで、電力会社などは自前でサーバーやシステムを維持することなく月額料金だけで運用が可能になります。

もう一つはSMAPですが、こちらは電力量を計測するメーターから得られたデータを用いた事業です。デマンドレスポンスというのは、電力需要が高いときに顧客に節電を頼む活動を意味しますが、そのようなデータ解析に関するシステムを開発し提供をしています。

いずれの事業においても、一発限りのフロー収入ではなく継続的に収入が入るストック型のビジネスモデルというのがエネチェンジの強みと言えるでしょう。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4169/ir_material5/168985/00.pdf

それでは、これらの事業による業績を見てみましょう。

自分の投資を見える化しませんか?

株式トレードを自動で記録・分析するアプリ「カビュウ」が誕生!複数口座の資産管理が可能で過去取引履歴もデータとして残る為分析が可能。株式投資は売却したら終わりではなく、勝負強い投資家の方は保有株を管理し売却後に自分のトレードを振り返り分析している方が多いです!それが勝ち続ける投資家の秘訣です。投資管理ツールカビュウの詳細記事はこちら。
個人投資家の投資管理ツール「カビュウ」について

iPhoneの方ダウンロード

Androidの方ダウンロード

無料で財務分析ツールを導入しませんか?

財務分析をするには大変多くの手間がかかってしまいます。GMOクリック証券では、「株価分析」、「経営分析」、「財務諸表」、「シミュレータ」などの財務分析がカンタンに可能。しかも、口座開設していればすべて無料で使えるサービスなので、試してみる価値はあるでしょう。

GMOクリック証券

Betmob|投資家ブログまとめメディア


企業分析
inoko@個人投資家をフォロー
株式投資をゼロから学ぶ「株ゼロ」。
タイトルとURLをコピーしました